あくまでもプロパンサインは汗の量を減らすために服用する使い方について軽く説明をしたいと思います。

っといっても、そんなに服用の仕方について難しいことはありません。至ってシンプルで、汗の量がたくさん出る時を考え、その1時間前に服用します。

お水と一緒にプロパンサインを服用すると、10~20分後に口の中の乾きを感じ、そこから徐々に効き目を感じます。

服用するとき、空腹や食後によって、効果が現れるまでの作用時間はそれぞれ異なるとされていますが、空腹の場合は約30~40分、食後の場合は1時間後に効き目が出やすいとされています。

空腹のほうが、胃の中で消化し、そして肝臓に伝わり効き目が早いのですが、どうしても胃の粘膜などに刺激を与えやすいために、それなりの副作用が起こりやすくなります。

もし、長期間にわたりブロパンサインを使う予定の人は、食後に服用するか、それとも胃痛や胸焼けにの薬を一緒に服用するのも一つの手段になるかと思います。

私がプロパンサインを購入したのが「オオサカ堂」という結構有名な通販店ですが、こちらに1日1錠(15mg)を服用と記載されていたのですが、私の場合はほとんど効き目がありませんでした。つまり、1日1錠ではなく、1日に2錠のほうが効果が高いです。

ここらへんは個人差が有ると思うので、まずは色々と試してみることが大事。