プロパンサインを服用することで、汗の量を減らしてくれますが、ただし、服用している時にしか効き目はありません。

そのため、出来ることなら薬を服用していない段階で汗の量を減らしたいもの、これが一番だと思います。そこで、意識したいのが普段の食事環境です。

体を冷やす食事を毎日のように食べると、実は汗の量が増えることがわかっています。

たしかに、野菜を取れば健康的で、バランスをとることが出来ますが、しかし冷たい野菜はあまり良くないと言われています。

野菜は動物性蛋白質や脂質がない上、食物繊維も豊富で体臭予防にうってつけとも言われています。しかし、盲点として、食べ物には体をアタ編める食材と冷やす食材が有り、野菜で言えば夏が旬の野菜ルイ、例えばきゅうりやレタスなど、体を冷やす食材に含まれているそうです。

きゅうりばかりをバリバリかじる人はいないでしょうが、健康法として、毎日たっぷりの生野菜サラダを食べ、冷たい水を1日2リットル飲むといったことを続けている人は、どうしても汗の量が多くなるそうです。

これは冷たい野菜には常在菌が含まれているからだそうです。
そのために、できるだけ野菜を食べるときは温めてから食べること。

このちょっとした事なんですが、体の中でバランスが取れて、汗の量をうまくカバーすることができるそうです。